2017年03月16日

ウソ


ウソのないガチの闘い。
WBC、日本が勝ち上がりましたね。
アメリカでの準決勝以降、がんばってほしいです。
メジャーリーガー青木選手の存在は
ここからが大事になってくると思います。

ラッキーボーイ小林選手の度重なるボテボテのゴロ安打、
芸術的守備・菊池選手の見事なフィールディング。
これらが不慣れなドジャー・スタジアムで再現出来るか。
慣れている東京ドームと同じパフォーマンスがいきなり出来るか。
そこは割り引く必要があると思います。
筒香・中田両スラッガーの長距離弾も同様ですね。

アメリカ、プエルトリコ、ドミニカ、ベネズエラは
いずれもタフな予選を闘っている上、
アメリカに慣れていますから。
日本はアメリカでの闘いでは苦しくなるでしょう。

どこまで善戦出来るか、
そしてアウェイを凌駕してこその世界一ですから、
厳しいようですが勝ち切ってこそと言いたいです。
応援すると同時に、楽しみです。


:::::


一方で、ここまでくると
<誰かが、少なくともひとつ以上、ウソをついている>
であろう事案。

031617a.png

031617b.png

031617c.png

元理事長の国会招致が決まったそうですね。

果たしてどちらサイドが、あるいは誰が、
<ウソをついているのか>。

豊洲の石原元都知事の件もそうですが、
『ウソも方便』を超えてしまっているのが
行政絡みのこれらの事案ですね。

ウソはいけないとはひとくくりに言いたくないですし、
ときにはウソをついたほうがいいケースもありますね。
その一方でやはり
「ついてはいけないウソ」はあると思います。

国の財産絡みですからね。
一連の事案の中に、「ついてはいけないウソ」をついているヒトがいる。

それは誰か、そしてどういうウソか。
明らかにするのは当然だと思います。
国会がそれを出来ないのであれば招致も無意味ですね。






【関連する記事】
posted by shimochan at 21:11| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。